漢方和牛を味わってみてください

これがオーナーシェフの本音

美味しいものが溢れているこんな時代。そんな時代だからこそ本物だと思えるものを味わっていただきたい。 漢方和牛の魅力は言葉では伝えきれないほどです。もちろん体に良いことはデータでも証明済み。ですが、何よりその牛肉としての美味しさを味わっていただきたい。ヘルシーな赤身を楽しむだけではない。口の中に入れるとさらりと溶ける脂身。 きっとまた食べたくなる。そんな漢方和牛の魅力を1つ1つ紐解きながらご紹介いたします。

肥料で育った「漢方牛」

関村牧場

黒毛和種の父牛と褐毛和種の母牛の自然交配、
自然で生まれる漢方和牛の仔牛。
自然でストレスのない環境で育て、
肥育では人が食べてもカラダのよい
14種類の漢方ハーブ飼料でヘルシーに仕上げます。
だから他のブランド和牛とはひと味違う、
上質な赤身、脂肪のおいしさになるのです。

関村牧場

知るほどなるほど漢方和牛

程よい食べ応え口にとろける

赤身と脂質のほどよいバランスが、牛肉ならではのおいしさをもたらす漢方和牛。その脂肪の上質さを表すのが、融点の低さです。平均21.3度〜22.8度、つまり人の体温より15度くらい低い温度で口の中でサラリととけるんです。しかも食べ応えも旨みも十分。牛肉は、等級だけでは語れません。等級では測りしれないおいしさがあります。お肉好きの方も納得する、上質の醍醐味。どうぞご堪能ください。

肉

サラリとしていて、ジューシー

メタボが、気になる方にも

漢方和牛のカラダへのやさしさの秘密は、脂肪の成分自体にもありました。健康に良いと言われる不飽和脂肪酸が平均61.2%〜65.7%、中でも悪玉コレステロールを下げると言われるオレイン酸は53.3%〜57.7%と黒毛和牛より多く含まれているので、大人から子どもまでおいしく楽しめます。

ぜひオススメしたい

肉

MAP

お肉自身の 旨みが違う

漢方和牛のおいしさ、その理由ははっきりデータにも見ることができます。旨み成分のアミノ酸の数値がそれです。赤身の代表格、漢方和牛のモモに含まれるアミノ酸の含量比は、なんと黒毛和牛の1.5倍以上。なかでも昆布や小麦、大豆などの旨みのもととなるグルタミン酸は2倍以上にもなります。

牛肉本来の甘み、旨みがたっぷり

MAP

仕上げは肉の旨みを最大限に

仕上げはオープンキッチンでオーナーシェフが調理します。
オーブンで中に熱を通した後に強火で一気に焼き上げることで
美味しくミディアムに仕上がります。

口の中でほどよくとろけるお肉をどうぞ♪

コース料理はこちら

肉調理

  • 肉調理
  • 肉調理

Top